東京エバーグリーンクリニック 医療法人社団優城会

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴high concentration of vitaminC drip

がんの補助的療法としての、高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの補助的療法と考えられています。
アメリカが発祥の地で、最近は特に積極的に行われており、研究論文も多数出ています。

ビタミンCは経口摂取してもほとんど吸収されませんが、点滴の場合は直接体内に入るため、数十倍の量が血管内に取り入れられます。
一般的に病院で点滴を受ける際に使われるビタミンCの量は1回につき1~2gですが、当院の治療では1回につきに25~100gを使います。
最初は25g程から始め、病状によって量や頻度を調整していきます。

標準的ながん治療との併用が可能

がんの治療としては、手術、抗がん剤、放射線などの標準治療が世界中で行われています。
ビタミンCの治療はこの標準治療を無視して行われるものではなく、あくまでも補助治療として考えられています。

しかし標準治療でがんが解決できない場合が多々あることや、治療の副作用でつらい思いをする患者様も多いことはご存知と思います。
高濃度ビタミンC点滴療法は標準治療と併用したり、場合によってはつらい副作用のため抗がん剤の投与を中止して、高濃度ビタミンC点滴療法を行ったりすることがあります。

がん治療としては副作用が非常に少ない治療です

この治療には副作用はほとんどないと考えられています。
点滴穿刺部位の痛みや頭痛、吐き気などがまれにありますが、点滴速度を調節するなどの対応で消失いたします。

高濃度ビタミンC点滴療法の効果は、がんの種類、進行の具合、患者様の年齢、体力、合併疾患、免疫力などによって異なります。
がんの縮小や治癒を確約するものでもありませんが、最近の論文では高濃度ビタミンC点滴療法によって抗がん剤の不快な副作用が大きく軽減され、快適な延命に寄与するという報告もなされています。

高濃度ビタミンC点滴療法を受ける前に、「G6PD検査」が必要です。

高濃度ビタミンC点滴療法を実施するには、G6PD酵素異常症でないことを確認する必要があります。
G6PD酵素異常症は遺伝性の溶血性疾患で、数万人に一人と極めて少ない症例ですが、該当された場合は溶血性貧血が起こる可能性があるため、高濃度ビタミンC点滴を受けていただけません。

がん細胞はどうしてできるのか?

日本人の3人に一人がなくなっていると言われている「がん」。
その原因となるがん細胞が作られる仕組みとは?

高濃度ビタミンC点滴療法のながれ

icon

ご来院

電話にてご予約の上、クリニックにご来院ください。
電話でのご予約:03-6262-7087

icon

カウンセリング

医師によるカウンセリングを行いますので、検査データの内容などを必ずお持ちください。

icon

G6PD検査

G6PD酵素異常症に該当しないことを検査で確認します。

icon

高濃度ビタミンCの投与

G6PD酵素異常症に該当しなければ、点滴によりビタミンCを投与します。点滴時間は1時間半02時間程です。

icon

今後のスケジュール相談

点滴終了後、医師より今後の通院スケジュールをご提案いたします。

費用について

高濃度ビタミンC点滴
  • ビタミンC 25g以下 20,000円
  • ビタミンC 50g以下 26,000円
  • ビタミンC 75g以下 32,000円
  • ビタミンC 100g以下 38,000円
検査費用
  • G6PD酵素検査 12,000円
  • ※初回のみ受けていただく検査です
  • 点滴終了直後のビタミンC濃度検査 3,000円
  • ※点滴後に毎回受けていただく検査です
診察料
  • 初診料 10,000円
  • 再診料 3,000円
※料金は全て税抜き価格となります。

よくあるご質問

どのような頻度で高濃度ビタミンC点滴を受ければよいのでしょうか?
受診者様によって適切な頻度が異なりますので、ご来院の際にお伝えいたします。
高濃度ビタミンC点滴の効果が出始めるのは何時頃からですか?
がんの種類、進行の具合、患者様の年齢や体力、合併疾患、免疫力など、様々な要素により異なります。がんの縮小や治癒を確約するものではありませんが、最近の論文では高濃度ビタミンC点滴療法によって、抗がん剤の辛い副作用が軽減され、快適な延命につながったという報告もあります。
高濃度ビタミンC点滴療法はどんながんに効果がありますか?
高濃度ビタミンC点滴が効果的ながんの種類は選びませんが、あくまでも補助的療法であることをご理解ください。
高濃度ビタミンC点滴の1回の点滴時間はどのくらいですか?
約1時間半〜2時間程かけて点滴を行います。
現在、抗がん剤の治療を受けていますが、並行して高濃度ビタミンC点滴療法を受けられますか?
他の治療と並行して高濃度ビタミンC点滴を受けていただくことは可能です。抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減し、効果をより高める補助治療であるとお考えください。
高濃度ビタミンC点滴療法を受けた日にやってはいけないことや、注意すべきことはありますか?
高濃度ビタミンC点滴を受けた当日であっても、運動制限や食事制限などは特にありません。
※指導されている場合を除きます。