東京エバーグリーンクリニック 医療法人社団優城会

遺伝子関連(RNA)検査

遺伝子関連(RNA)検査cancer genetic testing

遺伝子関連(RNA)検査で
「がんになるリスク」を超早期発見できます

「がん関連遺伝子検査」は発病したがんを見つける検査ではなく、「がん予防」 「がん再発防止」の目的で、「がん化」に関与する遺伝子の変異を調べる検査です。
がんは遺伝子の異常によって起こる病気なので、遺伝子から微細ながん細胞の存在を調べ、画像診断では発見不可能ながんリスクを超早期発見します。
発病前にがんリスクを発見することで、食生活や生活習慣の改善、適度な運動やサプリメントの摂取などにより自己免疫力を高め、がん発病の対策を行うことができます。

  • Point 01

    { 超早期発見 }

    がん組織が一般の画像検診などで検出される大きさになるまでには5年から20年かかると言われています。
    がん関連遺伝子検査では、画像診断、内視鏡検査などでは確認できない微細ながん細胞(5mm以下)をRNAから解析します。
    分子、細胞レベルのがん細胞を検出することで、超早期発見(前がん状態のリスク評価)が可能になります。

  • Point 02

    { 予防管理 }

    がん関連遺伝子検査は、遺伝などの要因ではなく、後天的な要因(生活習慣、生活環境、ストレス、加齢など)による発がんリスクを調べる検査です。
    早期に発がんリスクを発見し、評価を断続的に行うことで、個々人の体質や生活習慣などにあった最適な予防管理指導をご提供いたします。これにより、がん予防の効果確認、発症抑制を目指します。

  • Point 03

    { 再発防止管理 }

    画像診断では追跡できないがん治療後の「がん再発リスク」を微細ながん細胞により評価します。
    がん治療後定期的に検査を行い、がん関連遺伝子のメチル化、Mutation(突然変異)、RNA発現の状態を断続的に検査・追跡します。
    がん再発に向かっているのか、改善されつつあるのかを評価し、個々人の状態に合わせた再発防止指導を提供します。

  • Point 04

    { 安全性の高いがん検査 }

    がん関連遺伝子検査は約20cc程度の採血のみで検査することが可能です。
    画像診断などのがん検査で起こる可能性のある、放射線被爆や強力な電磁波などによる、人体への悪影響の心配がない安全性の高い検査です。

ゲノム遺伝子検査=RNA検査の有効性

ゲノムとは「遺伝子」と「染色体」を合わせた合成語です。
遺伝子はDNAという核酸の機能単位から成っていて、人体を構成する種々のたんぱく質のつくり方やつくるタイミングなどを決めています。
つまり、DNAは人体の設計図なのです。
そして、タンパク質を作るのに必要な部分のDNAはコピーされ別の核酸に写しとられます。
これをメッセンジャーRNA(mRNA)と呼びます。
血中のDNA、mRNA及びがん抑制遺伝子を測定することによって、画像診断や内視鏡では確認できない最小レベルのがんの状態を発見することができます。
この検査を受けることによって、がんリスクの予測や前がん状態を知ることができるため、早期の段階で生活習慣の改善やサプリメント等の摂取により、がんになる確率を減少させる結果となるのです。

がんの進行

DNA検査RNA検査
解 析両親から受け継いだ
遺伝子の形
現在の遺伝子のはたらき
目 的体質判断
※倫理的問題もある
疾病判断
判 断先天性リスク後天性リスク
結 果不変改善により変化する
指 導生活習慣の指導生活習慣の指導
予防・再発防止
治療効果確認
頻 度一生に一度でよい三ヶ月に一回

がん細胞はどうしてできるのか?

日本人の3人に一人がなくなっていると言われている「がん」。
その原因となるがん細胞が作られる仕組みとは?

がん関連遺伝子検査のながれ

一度目のご来院時
icon

ご来院

電話にてご予約の上、クリニックにご来院ください。
電話でのご予約:03-6262-7087

icon

ご説明

医師より検査のご説明と簡単な問診をさせていただきます。

icon

採 血

検査のご説明後に約20cc採血いたします。

約一ヶ月
icon

遺伝子解析

採血した血液を検査施設に送り、遺伝子解析を行います。

icon

レポート作成

検査施設からクリニックに検査結果が届き次第レポートを作成します。
※検査結果がクリニックに届くまでに約1ヶ月ほどかかります

二度目のご来院時
icon

結果報告

クリニックに再度ご来院ください。レポートをご確認いただきながら結果をご説明いたします。

以降
icon

発症・再発防止

検査結果と受検者様の状態に合わせて対策を行います。

費用について
  • がん関連遺伝子検査料金 180,000円
  • 初診料
  • 採血費用
  • 検査費用
  • 診療費用
    (結果報告時)

よくあるご質問

DNAとは何ですか?
DNAとは、地球上のほぼすべての生物の遺伝子情報を担う物質です。人間を含む多くの生物はこのDNAにより格納されている遺伝子情報(人では約22000個の遺伝子があると言われています)を、適材適所で必要十分に読み取ってタンパク質を作り、機能することで正常な生命生活を維持しています。
RNAとは何ですか?
RNAとはDNAから必要部分をコピーして作られます。いくつかの種類がありますが、特にメッセンジャーRNA(mRNA)は、細胞内で個々のタンパク質を作るための情報をDNAからコピーした物質です。細胞内では、DNAにより暗号化されている遺伝子の必要部分を、必要なときに必要な量だけ、このmRNAとしてコピーを作ることにより、必要なタンパク質を作ったり量を調節したりしています。
がん遺伝子とは何ですか?
本来、正常な細胞の中には「がんになるため」の遺伝子は存在しません。その遺伝子の情報から作られるタンパク質はすべて体に必要なものであり、それらが適材適所で適宜適量、存在することにより正常な機能を果たします。ところが遺伝子んい傷が入ることにより、作られるタンパク質の性質が変わって異常な機能を持ってしまうと、正常細胞をがん細胞にしてしまうように働くことがあります。自動車に例えると、アクセルが壊れて踏みっぱなしの状態になってしまうようなものです。またタンパク質の性質は正常なままでも、異常に量が増えてしまうことにより同じような状態になることがあります。自動車で例えると、アクセルは壊れていなくても、踏む量がぐっと多くなってしまったようなものです。がん細胞のこのような現象に関与している遺伝子をがん遺伝子といいます。
がん抑制遺伝子とは何ですか?
正常細胞のがん化に作用するがん遺伝子とは別に、正常遺伝子ががん化しないように働く遺伝子もあります。それらの多くの遺伝子には、細胞が無秩序に増殖しないように調節しているタンパク質を作るための情報が格納されています。これらが損傷を受け、本来の機能を果たさなくなってしまうと、正常細胞ががん化するのを食い止めることができなくなって来ます。自動車で例えるとブレーキのようなものです。アクセルが壊れて踏みっぱなしの状態になり、さらにブレーキが壊れると、自動車は暴走します。同じように、細胞の中のがん遺伝子が強力に働くと同時にそれを制御する機能を失うことにより、正常細胞はがん化し、無秩序に活発に増殖するようになります。
「がんリスク評価」とは何ですか?
がんは、関連する様々な遺伝子の変化により引き起こされます。従って、それらの遺伝子の一つ一つの変化だけでなく、それらをより総合的に判定することが必要になります。当院の検査は遺伝子の解析結果を総合評価する「がんリスク判定」を採用しており、がんリスクを0~100の数値(スコア)にて評価できます。このがんリスク評価の結果から、今のご自身のがんリスク(がんになりやすい状態であるか、従来の検査では発見が困難な微細ながんが存在するか)を知り、食生活などの生活習慣を改善することで、がんや生活習慣病の予防につなげることができます。