HOME>トピックス>費用が受ける場所で大きく違って来ることがある

公道を走るために必要なこと

男性

マイカーを持つと言うことは、維持費もかなり必要となると知っておきましょう。燃料代の他にも摩耗してしまうタイヤなどの部品交換や、自動車保険料更には2年に一度となる車検があります。但し新車購入時は3年目で車検があり、次回からは2年ごとに受けることになります。車検の期限を切れた車を走らすことは法律違反になり、厳しい罰則が待っていますので、期限切れにならないよう注意すべきです。は定期的に車の検査を行うことで、故障がなく整備不良になることなく安全走行が出来るようにするものとなっています。ですが横浜で受ける車検とはあくまでも保安基準に適合しているのかを調べることで、次回車検までの安全性を確保させるものではありません。

費用の違いを知るべき

横浜でマイカーの車検を受ける時に悩むことになるのが、どこで検査を受けたら良いのかと言うことになります。ディラー・町の修理工場・車検専門店やカー用品店、そしてガソリンスタンドの一部でも受けることが出来るようになっています。車検では法定費用と車検基本料金となっており、法定費用はどこで受けても同じだけかかることになります。大きく変わるのが整備点検費用であり検査料や代行手数料です。ディラーが高くなり、他店が比較的安くなる理由には、部品交換費用が考えらます。正規品と汎用品を使うことで差額が出る上に、工賃などの差額も大きくなっています。人件費やサービス料などを抑えることが出来るお店になって来ると、更に差額が大きくなってしまうことになります。

広告募集中